本文へ移動

私たちの育てる「ブドウ」

人気の品種がいっぱい♪

三原ブドウ園では現在、安芸クイーン、藤稔、ピオーネ、高妻など数種類の生食用ブドウを育てています。赤系、黒系、白系の人気品種がたくさんあるので、8月中旬以降の最盛期に、ぜひブドウ狩りにお越しください。

生食用ブドウ

[安芸クイーン]
■巨峰の実生選抜
■欧米種系雑種
■木の本数:310本
 
鮮紅色で果肉は適度にしまり、果汁が豊富です。甘みが強く、酸味は控えめで香りがよい赤系ブドウです。
[藤稔(ふじみのり)]
■交雑:井川682号×ピオーネ
■欧米種系雑種
■木の本数:180本
 
最大の特徴は粒の大きさで、大きいものだとピンポン玉ほどもあります。果皮の色が濃いほどとても甘く仕上がります。
[シャイン・マスカット]
■交雑:安芸津21号×白南
■欧州種系
■木の本数:180本
 
外観優美な黄緑色で、食味の優れた白系品種のブドウです。独特のマスカット香があり、皮ごと食べられることで近年大人気となっています。
 
[ピオーネ]
■交雑:巨峰×カノンホールマスカット
■欧米種系雑種
■木の本数:220本
 
外観が極めて綺麗でボリューム感があり、巨峰より黒味が強く、食味の優れた黒系ブドウを代表する逸品です。
[高妻(たかつま)]
■交雑:ピオーネ×センテニアル
■欧米種系雑種
■木の本数:130本
 
巨峰、ピオーネを凌ぐフォクシー香があり、真黒~漆紫色で迫力のあるブドウです。近郊ではあまり見かけないため、ぜひ味わっていただきたい品種です。
[サニードルチェ]
■交雑:バラディー×ルビーオクヤマ
■欧州種系
■木の本数:30本
 
「青りんご」のような爽やかな香りで、鮮紅色で美しく、皮ごと食べることができます。太陽(サニー)とスイーツ(ドルチェ:イタリア語)のイメージにぴったりです。
[クイーンニーナ]
■交雑:安芸津20号×安芸クイーン
■欧米種系雑種
■木の本数:50本
 
果皮は鮮やかな赤色で大きく迫力があります。糖度は20~21度と高く、酸味が少なく、渋みのない品種です。
[ブラックビート]
■交雑:藤稔×ピオーネ
■欧米種系雑種
■木の本数:30本
 
ややあっさりした味で、とても食べやすく、一度食べたらやみつきになるほど美味しいブドウです。8月の盆あたりからシーズンを迎える早生種になります。
 
 

シーズン一覧

 
ブドウのシーズンは例年8月中旬ごろから始まり、10月初旬あたりまで続きます。早生~晩生までいろいろな品種があるので、お目当ての品種がいつ食べごろなのか?を覚えておくといいですね。
2019年6月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
株式会社 木下ファーム
<本社>
〒731-5102
広島県広島市佐伯区五日市町
大字石内5998番地1
TEL:082-208-3151
FAX:082-208-3152
 
<三原ブドウ園>
〒729-1211
広島県三原市大和町大草74-19
TEL:0847-34-2370
FAX:0847-34-2371

業種:農業
部門:野菜、果実
TOPへ戻る